目元のどこを変えるのか

>

目の形を変える施術を受ける

つり目を改善する施術

特殊な成分を注入することで、目の形を変えられます。
たれ目にする時はその方法を使います。
メスで皮膚を切開することはしないので安全ですし、安い価格で済ませることができます。
50000円前後が相場になっています。
簡単なので、施術が失敗するケースは少ないです。
また長期の入院も必要ありません。
整形を受ける時は、身体を休めるために入院しなければいけないと思っていた人が多いと思います。

ですが簡単な施術であれば、当日に帰宅できます。
刺激を与えることは控えたいので、洗顔やメイクはしないでください。
3日程度すれば、普通に洗顔やメイクができるようになります。
週末の休みを利用すれば、十分身体を休ませた上で翌週から会社に行けます。

涙袋を作ってみよう

目のすぐ下の、膨らんでいる部分を涙袋と呼んでいます。
この部分が大きく膨らんでいることで、目を大きく見せることができます。
最近は涙袋を、整形で作っている人が多いです。
両目で10万円程度なので、気軽に体験できるでしょう。
涙袋を作る時は、ヒアルロン酸という成分を注入します。
誰でも聞いたことがある成分でしょう。

ヒアルロン酸は、人間の体内にも存在しています。
ですから注入して、副作用を起こす心配はありません。
安全という部分も好まれています。
メイクでも涙袋を強調させることはできますが、限界があります。
また濃いメイクになってしまうこともあるでしょう。
涙袋を作ってしまえば、メイクで強調しなくても自然に大きな瞳になります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る